スマホゲームの進化と昔のゲームの思い出

ツムツムイベント『海のたからものを集めよう』みなさんやってますか?なかなか面白いですよね。トリトン王が欲しいんですけどなかなかゲットできなくてストレスです。そんなストレスを解消してくれるのが聖剣伝説 RISE of MANAです。聖剣伝説 RISE of MANAを初めてプレイしたときは本当に驚きました。だってそれまでのスマホゲームといえばほとんどが2Dで、3Dかつあんなに可愛いキャラクターがぬるぬる動くゲームなんて存在しなかったと思うんです。さすがスクエニのゲームだなあと感心してしまいました。
聖剣伝説といえば、スーパーファミコンでもプレイしていた大好きなタイトルです。私は特に聖剣伝説2が大好きで、何度も何度もクリアするまでプレイしていたという思い出があります。あれって当時のRPGには珍しく?2人で一緒にプレイすることができるんですよね。私には2個上の兄がいるのですが、兄が唯一私と一緒に遊んでくれるゲームが聖剣伝説2でした。兄が男の主人公を使い、私がヒロインを使って一緒に戦うんです。でもどうしてもゲーム慣れしている兄の方がプレイは上手なので、ちょっと変な行動をするとすぐに怒られて、それが原因で喧嘩になって、最終的にはもうお兄ちゃんとはゲームしない!なんて言ってしまったりして……でも数日後にはまた一緒に遊ぶんですよね。今は私も結婚して県外に住んでいるので、兄と会うのも年に1回というところですし、普段もまったく連絡を取り合うことはないのですが、なんとなく一緒にゲームをしたあの頃のことはよく思い出します。
でも今の子どもはそういう思い出を作るのは難しいのでしょうか。有名タイトルでもスマホゲームに移行しているものがありますよね。もっと難しい大人向けのタイトルなら、オンラインゲームという形で一緒に遊べるのかもしれませんが、昔のような単純なRPGで小学生の兄弟が遊ぶというのは想像しにくい気がします。でももしかしたらその代わりになるのがDSなどのゲームなのかもしれませんね。ポケモンなんかは昔からゲームボーイで通信したりして今と同じような遊び方ができていましたし、そんな風に交流しながらひとりでゲームを進めていくというのが今のこどものゲームへの向き合い方なのかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

最新情報

準備中

イベント情報

準備中

攻略情報

準備中

ツムランキング

準備中

チート(裏技)まとめ

準備中

このページの先頭へ