進撃の巨人 -自由への咆哮-外伝反撃のエレン

最近ツムツムリトルマーメイドってゲームにはまっております。ロマンスアリエルに癒されます。しかし世の中バランスが大事です。ツムツムの癒し絵ばかり見てると疲れちゃいます。そこで最近は進撃の巨人のゲームも並行してやっております。ここでこのゲームについてみなさんに伝えたいことがあります。進撃の巨人 -自由への咆哮-にはエレンという気の強い、巨人を全て倒そうとしている人物と、巨人を冷静な対処で倒していくリーダーのリヴァイがいるということを覚えておいてください。
「エレン、やつの首元に一気に近づくぞ」
リヴァイはそう言って、エレンと共に一気に巨人に近づいていった。
しかし巨人も簡単にやられるような気はないらしく、エレンを捕食しようと腕を伸ばしてくる。
「くっ!」
エレンは声にならない声のようなものをあげて、巨人の攻撃を紙一重にかわしていた。
「エレン大丈夫か?」
リヴァイの質問に答えるかのようにエレンはリヴァイのもとへ向かう。
そして二人は巨人の首元に一気に近づいて、まずはその巨人の首の肉を切り落とし、最初の一体を倒すことが出来たのだ。
最初のというのは、おそらく思っている通りで、周辺には山のような巨人がわんさかと歩いているのだ。
幸いにも巨人たちはこちらに気が付く様子もないため、一匹ずつ確実に倒すことが出来ているが、この数が一気に押し寄せてきたらと思うと、二人は生きた心地がしないであろう。
「エレン、また一匹だけ誘って倒すぞ」
そう、二人はこれから一体ずつ巨人をおびき寄せては倒すという作業を続ける気なのであった。
もちろんエレンもリヴァイには同意していて、おそらくリヴァイ以上に巨人を全滅させたいという気持ちは強いであろうことは想像に容易い。
二人はまた一匹を誘っては倒し、誘ってはという作業を続けていき、十数体を倒したところで二人には疲労の色が見えてきた。
しかし、こんなところで休息をとるようなこともできず、どこかに退却するということも難しいため、えんえんと巨人を倒していくという以外の選択肢はないのかもしれない。
疲労の色は見えてきたものの、とうのエレンとリヴァイの顔にはまだまだ巨人を倒したいという表情が浮かんでおり、体が動かなくなるまでは狩り続けるという意思が見えていた。
二人の長い戦いはまだ始まったばかりということなのだろう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

最新情報

準備中

イベント情報

準備中

攻略情報

準備中

ツムランキング

準備中

チート(裏技)まとめ

準備中

このページの先頭へ