お子様でも安心して遊べるLINE: ディズニー ツムツム

いや~本当にツムツムは面白いし、新イベントのアラジンと魔法のランプをやりたくしょうがないです。すでにアラジンのツムをゲットした方が羨ましい。youtubeでも早速アラジンツムを使った動画がアップされてるようです。今回はそんなツムツムにはまっているある一家のお話です。

A家は、大手企業のサラリーマンである父と、専業主婦の母、そして小学校高学年の息子という、平均的ではあるが比較的恵まれた環境に置かれた家庭である。息子は夜遅くまで塾に通うことが多いため、防犯用にスマートフォンを持ち歩いている。そんな彼は、最近、気晴らしにLINE: ディズニー ツムツムを楽しむようになった。
きっかけは、スマートフォンで遊びたいという息子の一言だった。
「ねえ、僕もゲームしたいよ。塾の友達は、勉強したらごほうびに遊ばせてもらえるんだって」
台所で食器を洗っていた母は、あまり乗り気ではなかった。
「そうねえ。あまり勉強ばかりしていたらかえって効率が悪いから、気分転換も必要でしょうけれど、何もゲームする必要はないんじゃない? 読書したり、漫画を読んだりといった方法だってあるんだし」
「でも、せっかく高性能のスマートフォンを持っているんだから、もっとアプリをインストールしなければもったいないよ。LINE: ディズニー ツムツムならいいでしょう」
「お父さんが帰ってきたら、相談してみましょうね」
息子は何も言わず、勉強するために自室に向かった。
その日の深夜に帰宅した父に向かって、母が言った。
「ねえ、あの子がスマートフォンで遊びたいなんて言っているんだけど、あなた、どう思う? LINE: ディズニー ツムツムっていうゲームらしいんだけど」
「まあ、それならいいんじゃないか。パズルだから、頭の体操にもなるだろうし、キャラクターがかわいいから何の心配もないだろう。フィーバーに持ち込めれば、気持ちがすっきりするしね」
「あら、あなたずいぶん詳しいのね」
「いや、実は僕もLINE: ディズニー ツムツムをプレイしているんだよ。こう仕事が忙しいと、たまには童心を思い出したくなるからね」
父はプレイ画面を見せて、笑った。それを見て、母も微笑んだ。
「あら、実は私も遊んでいるのよ。あの子の同級生のお母さんたちとの話題作りにちょうどいいから」
「じゃあ、これで決まりだね」
こうして、息子は大人気ゲームで遊べるようになった。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

最新情報

準備中

イベント情報

準備中

攻略情報

準備中

ツムランキング

準備中

チート(裏技)まとめ

準備中

このページの先頭へ