ディズニーツムツムの魅力とはなんなのでしょうか。

ディズニーツムツムはやっぱり楽しいですね。スコアが伸び悩んでますが飽きずに毎日やってます。アラジンなど欲しいツムがなかなか当たりませんが。

ところで現在では、街を歩けばスマートフォンを見ている人が必ず居ます。中には歩きながらスマートフォンを操作している人や、バスや電車の中など、オフィスなどの喫煙所やお昼休み中など、多くの方がスマートフォンを利用しています。その中でもスマホゲームをしている方達はどんどんと増えてきており、街中で見かける人の多くもスマ方ゲームをしている人がいます。そのスマホゲームには、今や多くの種類が存在して、そのどこでも手軽にできる利便性から、今も爆発的な人気を博しています。そのスマホゲームの中でも数年前から継続的な人気を集めているスマホゲームの一つがディズニーツムツムです。このゲームは、いわゆるパズルゲームの一種なのですが、名前の通りディズニーとコラボしている為そのキャラクターが万人が親しみやすく、またそのキャラクターの可愛いらしさから、女性からの人気も高いスマホゲームの一つです。ディズニーツムツムの人気はスマホゲームの中でも比較的長い期間人気を集めており、そのゲーム内のキャラクターのグッズなども売り出しており、その人気は現実世界での波及効果も抜群です。そんなディズニーツムツムの魅力の別の面としては、その操作性のシンプルさです。画面をタップしてスライドするだけの、シンプルな操作性が多くの人々に受け入れられて、長期的な人気の要因の一つになっています。また、コンボを発生させる事により、達成感や爽快感までも演出されているので、大人、子供を問わず、楽しめる作りとなっています。また、スマホゲームの特徴の一つとして、オンラインで制作元と繋がっているので、オンライン上でどんどんと情報が更新されていきます。新しいキャラクターが増えたり、演出が増えたりと、利用者が飽きない為の工夫もふんだんに施されています。また、スマートフォンの通信機能を活かして友人達と順位を競い合うことなどもできる為、その点に関しても利用者がハマる工夫がディズニーツムツムにはあります。

ハートのやりとりをする友達が2人ほどいればずっと遊べます。

ツムツムにハマって結構時間が経ちました。新しいツムも追加されて飽きないですね。はやくアラジンのツムが欲しいですね。ディズニー ツムツムを始めたばかりの頃はシンプルで楽しいゲーム内容にすぐに夢中になりハート不足に悩んでいました。
ハートは15分で1個回復しますから、時間さえたてば遊べるのですが、最初の頃というのはいくらでも続けて遊びたいものですから、常にハートがないという状態でした。
時間さえあればディズニー ツムツムを立ち上げては遊んでいました。
何回か課金して遊びましたが、やはりきりがないので我慢するようになりました。
そんな時期を何ヶ月か過ぎた頃、ライン友達がそれまで興味なかったけど何となく・・・とディズニー ツムツムを始めだしたのです。
で何となくだったのが激はまり状態になったようで、常にハートをプレゼントしてくれているようでこちらが長時間できなくて、やっと落ちついてディズニー ツムツムで遊ぼうとしたらハートが10個以上送られていてビックリしたことがあります。
ハートは一時間に1回プレゼントできますが、それだけでなくおねだりをしておけば、一人から1時間に2個ハートをもらえる計算になります。
ちなみにハートをおねだりされた側はハートを相手に送ってあげると自分のハートも一個増えますのでお互いに得をします。
ただ、あまりおねだりすると悪いと思うのか、おねだりしてくる人は意外と少ないような気がします。
2人ほどハートを定期的に送ってくれる友達がいたら、自分のハートと合わせて10個くらいは常にハートが確保されている計算になります。
ワンプレイ、1分ということになってはいますが、途中で5秒、2秒とプレイタイムが延びる時もありますので何だかんだ言って一回遊び始めたら30分くらい時間がたってしまうなどザラです。
あとはプレイヤーレベルが上がるとハートがマックスになりますが、これもハートが残り0個の時ですととても得した気分で嬉しいのですが、ハートの残りが4個だったら、マックスになっても得した分はハート1個ということですから損はしてなくても何となく損したような気分になりますね。
できれば、プレゼントボックスにハートが5個でもらえる形になるととても助かるのですが、そこまで望むのは贅沢というものかもしれませんね。
何にせよ楽しいゲームですから長く楽しみたいところです。

電車内プレイで最適なディズニーツムツム

 友達もツムツムを始めたらしくスコアを競い合っています。友達は早速トリトン王をゲットしたらしくあっという間にスコアを抜かれてしまいました。悔しいです。そういえば先日電車に乗ったとき、隣に座っていた若い女性が「ディズニー ツムツム」をとても真剣な表情でプレイしていました。画面をタップする音が聞こえたので何だろうと思ってつい振り向いてしまったのですが、そのゲームをプレイしていたことがわかったので納得しました。

 電車内ではスマホを操作している人が多いとよくいわれますが、その中身は意外とゲームだったりします。暇つぶしというと少し言葉は悪いですが、ただ移動するだけの時間をゲームに費やすならそんなに悪いこととは思えません。ゲームに熱中していることによって目的地までまるですぐ移動できたかのような感覚になれますし、よほど騒がしくしない限りは誰に迷惑をかけているわけでもないのですから責められるものではないです。

 そんな電車内においてスマホを操作している女性は、ディズニー ツムツムをプレイしていることが本当に多いです。女性はディズニー好きであると誰もが理解していますからそこまで驚くべきことではないのかもしれませんが、他のゲームと比べたら圧倒的なシェアを誇っているであろうことはそんな身近なできごとからもうかがい知ることができます。

 電車内でするゲームですからあれこれ悩むようなゲームではいけませんし、かといってゲーム性のほとんどないシンプル過ぎるゲームでも退屈になってしまいます。ディズニー ツムツムはちょうどその真ん中に位置しているゲームで、だからこそ多くの女性がダウンロードしてゲームプレイをしているのだと思います。そう考えると、とても現代的なゲームですし、ゲーム性は単純でもよく考えられた制作されたのかもしれないです。

 キャラクターが魅力的ならゲームはそのキャラクターに引っ張られる形で人気を博していきますし、その典型例がディズニー ツムツムなのかもしれないです。これからディズニーキャラクターの人気が落ちていくということはどう考えてもあり得ないことですし、女性層の人気がこれほど高いスマホゲームも珍しいです。

ディズニー ツムツムの課金でキレられた話

老若男女問わず?ディズニー ツムツムは面白く可愛く人気のあるアプリゲームだと思います。
ゲームも楽しいし、キャラクターもディズニー好きでなくても可愛くて和みます。
そんなディズニー ツムツムですが、楽しみ方は人それぞれだと思います。
お金はかけずに時間はかかってもゆっくりキャラクターを集めて楽しむ人もいれば、時間はないけどどんどんキャラクターは揃えたいから課金して一気に進めてしまうタイプも。
私はどちらも全然いいと思いますが、以前、ある人にディズニー ツムツムの遊び方で批判されしまいにはキレられた苦い経験があります。
その人は以前の職場の先輩でしたが、どうやら毎晩ツムツムをしてコツコツキャラクターを集めて楽しんでいたようなのです。
好きなキャラクターはアリエルとのことでおすすめしていました。
そんな先輩ですが、普段はちょっとしたことですぐにイライラしてキレる性格の持ち主なので周りは適当に合わせる感じでした。
私も気を使うつもりで、ディズニー ツムツムを話題にして攻略方法など聞いて、職場の環境を明るく保とうと努力していたのですが・・・。
たくさんキャラクターを集めている先輩を褒めるつもりで、自分はキャラクターが全然いなくて、でも遊び足りなくて課金してプレイしましたと何気なく言ったところ、「課金した~!?はぁ~?」と突然顔つきが引きつって目が冷たい目になり怒り出したのです。
さすがに私にそれ以上何も言えなかったみたいですが、何も文句を言えない子分扱いの後輩に関係ないことで当り散らし始めて、それまでは普通だったので明らかに課金したという台詞が気に入らなかった様子でした。
課金して自分よりキャラクターが増えてレベルが上がることが許せなかったのか(そこまで課金していませんからそれはありえないことです)、課金して遊ぶというやり方がむかついたのか何なのか知りませんがその日以来私はツムツムの話は一切しないようにしましたし、アプリはアンインストールしたと周りには言っておきました。
1ヶ月後にはその先輩と仕事上関わることがなくなることがわかっていたのでそういうことに距離を置いて口をきかないようにしていました。
実際は今でも毎日楽しく遊んでいます。